ギャラリー16トップ

ギャラリー16トップ
Exhibitions

田中奈津子-隔離された絵画

TANAKA Natsuko - Lukisan Yang Dikarantina

2022年6月21日(火)〜7月2日(土) 
12:00〜18:00(月曜・休)

  

online shop開催期間 6/21~7/2

▶展示風景VRページでご覧いただけます!(新しいページで開きます)

「隔離された絵画」

2020年に新型コロナウイルスの感染拡大が初まるなか、追い立てられるように飛行機に乗った。ジャカルタに到着したその日に、厳しい社会制限が開始され、 普段なら渋滞する空港からの道路を驚くほどスムーズに通り抜けて自宅へ到着し、私のインドネシアでの生活がスタートした。 ショッピングモール、飲食店、会社は閉鎖され、がらんどうの街の中、できるのは散歩だけだった。その後社会状況を受けながら、ジャカルタの街は規制を厳しくしたり弛めたりして、迷いの中2020年が過ぎた印象だった。自分自身も色々な変化に呆気に取られて、あまり作品も作れずにその年を終えた。 その間に各国の入国規制も感染の様子を見ながら、探り探り入口を閉じたり開いたりしていた。
2021 年日本への一時帰国の際、そろそろ作品を作らなくてはと思考 ( 試行 ) を始めた。帰国して二週間隔離しなければならないのがネックだった。 いや、むしろその期間を利用してその形式でしかできない展覧会をしてはどうだろうかと考えた。そこで始めたのがこの「隔離された絵画 -Lukisan Yang Dikarantina」シリーズである。隔離期間中にインドネシアで一番印象に残った日本とは違う植物の記憶を思い出しながら絵を描き、隔離場所に展示して、オンライン上でそのプロセスや展示を公開するというプロジェクトである。 第一弾は故郷北九州市門司区の自宅での自主隔離中に制作し、隔離期間終了後に庭やリノべーションしたばかりの古民家に展示して、学芸員羽鳥氏を迎え日本語インドネシア語バイリンガルでライブ中継とトークを行った。第二弾は成田空港での強制隔離中に隔離ホテル内で制作し、退所日に展示し、ライブ中継を行った。第三弾はジャカルタでの強制隔離中に隔離ホテル内で制作し、京都の Gallery PARC の正木氏とインドネシア語通訳にShifa 氏を迎えて、日本とインドネシア 二カ国をまたいでライブ展示中継を行なった。
オンライン上での活動であった「隔離された絵画 -LYD」が 2022 年 4 月 22 日~Operation Table( 北九州 ) に続き、隔離期間中に制作した作品に新作を加えてgalerie 16にてリアル展示される。

田中 奈津子

 

▶︎田中奈津子 TANAKA Natsuko

1981年 福岡県北九州市生まれ
2005年 京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業
2007年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了

・個展
2002年 WORLD/岡田屋本店ギャラリー(三重)
2004年 The golden time in Cambodia/GALLERY ANTENNA(京都)
2005年 水辺の人/GALLERY ANTENNA(京都)
2006年 孤島群/複眼ギャラリー(大阪)
    ギャラリーDen 58(大阪)
2007年 京都市立芸術大学作品展第三会場学内展
2009年 私湯/MEM(大阪)
2011年 デコレーション/アートスペース虹(京都)
2012年 豊かな絵/アートスペース虹(京都)
2013年 Fantasy for Adults/アートスペース虹(京都)
2014年 わたし壷世界/アートスペース虹(京都)
2016年 繋ぐ、結ぶ、続く、絵/アートスペース虹(京都)
2017年 きょうの壺 プレミアム/Gallery PARC(京都)
    アブストラクト食う女/ギャラリー島田deux(神戸)
2018年 OPEN WORKING”Being series”/京都市岡崎いきいき市民活動センター(京都)
2019年 Being series /ギャラリー白(大阪)
    into Being / d3 Gallery(北九州)
2020年 ANDROGYNOS /Gallery PARC(京都)
2022年 隔離された絵画/Operation Table(北九州)

・グループ展
2003年 現代美術インディペンデントCASO展
2004年 グループ展「ひと展」/京都市立芸術大学大ギャラリー
    日本カメラ祭 in 八木町」旧新聞配達所
2005年 山本恵と2人展「花と人」/ボーダレスアートギャラリーNO-MA(滋賀)
    ドローイング5人展「ANOTHER STORY」/GALLERY ANTENNA(京都)
2006年 GENSE ART EXHIBITION/建仁寺禅居庵(京都)
2007年 作品中/galerie16(京都)
    in my room/FUKUGAN GALLERY (大阪)
    58号室展/ギャラリーDen 58(大阪)
    ART AWARD TOKYO/行幸地下ギャラリー(東京)
2008年 「ペインティングの恋人」/海岸通ギャラリーCASO、MEM(大阪)
2010年 京都オープンスタジオ
2012年 「あれから、そして、これから」 山本俊夫、藤原康子、田中奈津子/ギャラリーモーニング(京都)
    つくってみたかったもの/CAFÉ PULPO(京都)
2013年 悦ばしき知覚」 関口敦仁、山部泰司、松井沙都子、田中奈津子/galerie16(京都)
2014年 つくってみたかったもののおみせ/同時代ギャラリー スタジオ1928(京都)
2015年 掲示板アート 片淵綾香、山本恵、田中奈津子/高尾小フェス2015(京都)
2016年 2人展「SPECTRA」 鷹木朗、田中奈津子/ギャラリー恵風(京都)
2018年 「壺の中のダイアローグー陶と絵のあいだでー」石黒紀子、田中奈津子/ギャラリー恵風(京都)
    第1回M展/d3ギャラリー(北九州)
2019年 「ポートレート モード」黒宮菜菜、田中奈津子/2kw GALLERY(滋賀)
2020年 「VOCA2020」/上野の森美術館(東京)
    「すがく」栗田咲子、田中奈津子/FUKUGAN GALLERY(大阪)

・受賞
2015年 「きょうの壺」 マネックス証券Art in the office 2015 審査員特別賞

・パブリックコレクション
大分県立美術館/京都第二赤十字病院